2008年02月16日

教習指導員になるための条件




教習指導員になるためには、条件があります。

まずは、年齢です。

教習指導員になるためには21歳以上という条件があります。

免許経歴は、全く関係ありません。

たとえ、免許初心者でも教習指導員の受験資格があります。



そして、気になるのが交通違反の累積点数です。

実は、自動車学校によってそれぞれ違うので何とも言えないのが本当です。

よくあるのが、3年以上無事故無違反というのが、よくある条件ですが、


交通違反をしていても指導員審査には関係ない!

ま〜県によっても違うみたいですけど・・


私も、指導員審査の1年前に「酒気帯び運転」で捕まったぐらいですから(笑)

あと、所持免許は普通自動車だけでいいですよ!

教習指導員ってかなり免許を持っているというイメージがあるみたいですが、

実は、入社する前は、普通免許だけしかもっていません!

っていう人が結構多いのが現状です。


ですから、普通免許しか持っていない人でも
教習指導員になれます!


今日はここまで(^−^)





posted by ヒロキチ at 21:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月15日

教習指導員になるための審査



教習指導員になるためには、教習指導員になるための試験があります。

昨日の記事で出てきた言葉ですが、「教習指導員審査」です。

この「教習指導員審査」に合格すれば晴れて教習指導員となります。

教習指導員審査の内容は、全部で6つあります。



@ 「運転技能審査」

A 「学科教習に関する面接」

B 「技能教習に関する面接」

C 「関係法令の穴埋め式のペーパー試験」

D 「教則に関する○×式のペーパー試験」

E 「道路交通法に関する論文試験」


それにすべて合格すると教習指導員となれます!

結構厳しいっすよ(笑)


しかし、税理士試験に似ていて一つの審査に合格すると、その審査には有効期限がつけられます。


たとえば、初めての審査で@BDに合格したとします。
そして、1年以内にADの審査に合格すれば教習指導員になれるという仕組みです。


ま〜ぶっちゃけ、ほとんどの人が1年で教習指導員になれるのが、現状っす(笑)

審査をしている人も人間っすからね(^−^)

あと付け加えではないですが、審査をしているのは、公安委員会です。。


今日はこれまで(^−^)

posted by ヒロキチ at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月14日

教習指導員になるための審査



教習指導員になるための審査「教則に関する○×式ペーパー試験」編


教則に関するペーパー試験で合格するには、90点以上の点数を獲得する必要があります。

問題の内容は、非常に厳しいものです。

たとえば、



「馬車は道路の右側を走らなければならない」


という問題ですが、



答えは×です。


なぜなら馬車は軽車両と扱われるので、道路の左側を通行しなければなりません。


ま〜少しくらい道路交通法をかじってる人には、なんともない問題ですけど…





では、この問題を簡単に答えてしまったあなたに問題です!!





「象やキリンは道路の右側を走らなければならない」




さ〜どうですか(笑)

分かりますか?







答えはです。


道路交通法にも表記されてますけど、


象やキリンが道路を走ると人が後ろをついてくるという理由で道路の右側を走らなければならないから!!っていう理由です(笑)


マニアックな問題ですけど…


posted by ヒロキチ at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月13日

教習指導員になるための審査「技能教習に関する面接」編



本日は教習指導員になるための「技能教習に関する面接審査」について書き込みたいと思います。



面接風景はこんな感じです。


<面接風景>


面接官
「2段階の項目について話して下さい。」
見習指導員
「まず、項目1は、車の運転前点検で、項目2は、交通の流れに合わせ ている運転で…」
全部で16あります(T_T)/~~~


面接官
「では、項目4について教えて下さい」
見習指導員
「え〜進路変更についてですが、教習生が右左折時に中央線や道路の左 側端に寄せれるかどうかをみます…」


略します(笑)
昨日も書いた通り30分ぐらいネチネチと聞かれますので(笑)




そこで、少しでも言葉が止まってしまうとアウトです(T_T)/~~~



昨日も書いたのですが、自動車学校で普段教習していること丸暗記していないと、
教習指導員の審査には合格できないってことです(^−^)



しかも教えたこともないことをどうやって教えるのか?
なんて質問をされます(T_T)/~~~



posted by ヒロキチ at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

教習指導員になるための審査「学科教習に関する面接」編


本日は教習指導員になるための「学科教習に関する面接審査」について書き込みたいと思います。

面接風景はこんな感じです。


<面接風景>

面接官
「じゃー学科の26教程について話して下さい。」
見習指導員
「学科26教程は、高速道路に関する学科教程です。
 まずは、どんな車が通行していいかどうかを学科教習で説明します。」

面接官
「それで…」
見習指導員
「え〜まずは、高速道路を走ってはいけない車について説明します。
 高速道路というのは、高速自動車国道と自動車専用道路がありまして…」


略します(笑)
30分ぐらい聞かれますから(笑)



<そこで、少しでも言葉が止まってしまうとアウトです(T_T)/~~~/span>


要するに、自動車学校で使っている教科書を丸暗記していないと、
教習指導員の審査には合格できないってことです(^−^)


教科書を丸暗記するには約半年かかりますよ〜


ちなみに教習指導員のほとんどが、学科教習をしているときに、
教科書を見ずに教習している人が多いのが現状です(^−^)

だって教科書なんて見なくてもページ数まで覚えてますからね(笑)


posted by ヒロキチ at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

教習指導員になるための審査「運転技能」編


運転技能審査について

昨日のブログで、教習指導員になるためには、6つの審査に合格しなければならないと書き込みをしました。

本日は、その中の1つである、「運転技能審査」について書き込みをさせていただきます。


教習指導員になるための、「運転技能審査」は、


なんと、85点で合格となります!

この数字が表わすものとは、たとえば普通2種(タクシー)の免許は80点で合格です。



つまり、教習指導員は運転のプロであるタクシーの運転手さんより運転が上手くなくてはいけないってことです。。


ちなみに、技能検定員は、90点以上でないと合格になりません。。

それはほぼノーミスで運転しないといけないってことです。

私はその技能検定員ですけどね(笑)



その教習指導員の「運転技能審査」に合格するためには、

ものすごい訓練があるところもあります。


朝一から出てきてひたすら場内コースの外周を寸分の狂いもなく走る訓練や、

曲がり角をひたすら後輪を30p以内で曲がるとか・・・


よく飛び込み免許は難しいと言われていますが、教習指導員はその飛び込み免許で、

一発で合格してなおかつ高得点を叩きだせる技術が必要ってことです。。


今日はここまで(^−^)



posted by ヒロキチ at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月12日

教習指導員になるための近道



ま〜いろいろと書きつづりましたが、教習指導員になるためには、
自動車学校に入社するのが一番手っ取り早いってのが本音ですね!!

教習指導員審査も難しいですが、自動車学校に入社して教養を受けて審査に向かったらほぼ100%で教習指導員になれます。。

教養というのは、教習指導員になるための、いわゆる訓練みたいなものです。

しかし、自動車学校に入社しなくても、教習指導員になれます。

教習指導員審査は、毎年3回、公安委員会で審査の申し込みができます。

もし、興味があるのであれば、是非とも教習指導員審査を受けてみてください!



6つの審査のうち1つでも合格できれば、あなたはすごい!!!



posted by ヒロキチ at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。